犬と猫

愛犬の皮膚病について知っておこう|飼い主の責任

犬

遊びのように楽しんで

柴犬のしつけを面倒がらずにきちんと行い、毎日の生活を楽しく豊かにするには、飼い主が心を落ち着けて犬と向き合うことが重要です。すぐにできなくても大丈夫、できたらとことん褒めてあげる。この心がけが柴犬のしつけを成功させるコツです。

遺影

ペットを供養すること

ペット供養を行ってくれる業者を選ぶには、いくつかのポイントがあります。仮に大阪で業者を探すとします。まず大阪にある業者が運営している霊園が、自宅から通いやすい場所にあるか確認します。次に供養方法や費用についてを調べます。また実際に霊園を訪問してみるとより決めやすいでしょう。

ウーマン

正しいしつけを学ぶには

犬のしつけは、正しい知識を持っていなければ、問題行動がなかなか改善されない事態にもなります。飼育の負担や近所迷惑への心配がつのる場合は、犬のしつけを専門的に行う教室を利用してみるのがおすすめです。プロの講師が正しい指導で行ってくれるので、飼い主でも簡単に犬のしつけができるようになれます。

ペットの病気

男女

犬がかかる病気の中で特に多いのが皮膚病です。犬は体毛にノミが寄生することによって炎症を起こしたり、皮膚に細菌が付着することで発疹を発症したりします。先天的にアレルギー体質の犬もいるため、食べ物やハウスダストなどの刺激によって皮膚病になるケースもあります。それでは、実際に犬が皮膚病にかかってしまった場合どのようにケアしてあげれば良いのでしょうか。最も大事なのは、皮膚を常に清潔に保つ習慣を心がけるということです。そのためにも、こまめにブラッシングやシャンプーをして体毛と皮膚を清潔にしておきます。その際には、刺激の少ない自然由来のシャンプーを使用すると安心です。その上で、病院で処方された皮膚病の薬を塗ります。皮膚病になると、犬は痒みを我慢できずに爪で掻こうとします。掻いてしまうとそこから更に細菌が入ってしまうため、気がついたらやめさせることが必要です。掻いても影響がないように足の先にカバーをつけるという方法もあります。アレルギーが原因の皮膚病の場合は、アレルギー物質を排除した安全なドッグフードに切り替えます。動物病院で検査してもらうことで、その犬の皮膚病に影響しているアレルギー物質を見つけることが可能です。原因物質がハウスダストの場合は、こまめに掃除をするようにします。心身共にリラックスすることで、犬の治癒力は高まります。そのため、マッサージをしてあげたりヒーリング効果のある音楽をかけたりするなどして犬の心を和ませるように配慮することも重要です。